トータルの査定コラム

トータルの査定コラム

COLUMN

買取のことをもっと詳しく知れるお得な知恵をお届け!

遺品整理の費用相場はいくら?安くするコツも紹介

遺品整理

大切な人が亡くなられたときには、故人の遺品を整理する必要があります。しかし、「一体どこから手をつければいいかわからない」、「どう処分するのが適切なのか見当がつかない」とお悩みの人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、遺品整理をプロに任せた場合にかかる費用相場について1から説明していきます。遺品整理にいくらかかるのか、なるべく費用を抑えるコツなどを紹介するので、遺品整理でお悩みの人はぜひ参考になさってください。

遺品整理の費用は部屋の広さで左右される

はじめに、遺品整理にかかる費用はどうやって算出されるのかをチェックしていきましょう。

たとえば遺品整理に特化したサービスを提供している業者に依頼した場合、作業費用は部屋の広さによって大きく左右されます。

広さ料金相場
1K3万円〜
1DK5万円〜
1LDK7万円〜
2DK9万円〜
2LDK12万円〜
3DK15万円〜
3LDK17万円〜
4LDK以上22万円〜

遺品整理にかかる料金は、整理にあたる作業員の人件費、さらに遺品の処分費や搬出費用などが加算され算出されます。とくにゴミの処分費用は地域によっても異なるため、見積もりを取得した際には注意しておきたいポイントでしょう。

また、相場としては上記の表にある値段があげられますが、これはあくまでも目安。すでにある程度整理されている状態であれば、作業時間や必要な作業員数が減るため料金は抑えられるでしょう。一方、同じ家の広さであっても、ゴミが溜まりに溜まった部屋では、その分作業量が増えるため相場よりも高い料金となってしまいます。

遺品整理にかかる費用を算出するポイント

遺品整理にかかる費用は部屋の広さに左右され、人件費やものの処分費によって算出されると先に述べましたが、費用が算出されるポイントを具体的に確認していきましょう。

どのような荷物がどのくらいあるのか

遺品整理にかかる費用は、荷物の種類や量によって大きく変動します。

荷物の量が多ければ多いほど作業に時間がかかり、料金がかさんでしまうというのは想像に容易いでしょう。一方、廃棄するものが少なければ処分費用が抑えられるため、請求料金も抑えられます。

基本的には部屋の広さで料金が決まるというのは、部屋が広い方がものが多いという前提があるから。そのため、部屋数が少ない場合でもものがびっしりと置かれた家であれば、広い家と変わらぬ料金になってしまうこともあります。

また、廃棄するしかない遺品が多いのか、それとも今後再利用できる遺品が多いのかという点でも、費用が大きく左右されるでしょう。

遺品整理のスケジュールに余裕はあるか

遺品整理にかかる費用は、スケジュールに余裕があるかどうかにも左右されます。

部屋の賃貸契約の都合上、「来週までに作業を終えてもらえないと、賃貸料で損をしてしまう」という場合もあるでしょう。しかし、明日までに、来週までになどといった期日の間近な依頼の場合には、スケジュールに余裕がないため費用が高くなってしまう傾向があります。

スケジュールに余裕がないと料金が上がってしまうのはなぜなのでしょうか。それは、急ぎの案件であればあるほど、早く終わらせるために作業員を増やさなければならないから。たとえば、3LDKの一戸建てで遺品整理を行う場合、通常であれば2日間はかかるところを1日で終わらせてほしいと言われてしまえば、単純計算でも作業員を倍にしなければなりません。つまりは人件費が増えるということです。

そのため、通常料金よりも高い料金となってしまうのを防ぐためにも、緊急の依頼とならぬように余裕をもったスケジュールとしましょう。

見積もりを取る際に、「なるべく費用を抑えられる時期はいつか?」と問い合わせてみるのも1つの手段です。

買取品があるかどうか

遺品整理の費用は、買取品があるかどうかによって大きく変わります。

廃棄処分しかない遺品ばかりだとどうしても費用は高くついてしまいますが、買取品もいくつかあるという場合には、当然ですがその分費用は安くなります。まだ使用できる電化製品や家具、衣服などどの家庭にもあるものをはじめ、骨董品や着物、貴金属などの高価買取が期待できるものがあれば費用は大きく変わるでしょう。

遺品整理業者に遺品査定士が在籍している、鑑定士と連携しているなどといったパターンも中にはありますが、買取を依頼するなら買取業者への相談がベスト。詳しい理由については、のちほどご説明します。

遺品整理にかかる費用をなるべく抑えるコツ

ここまで、遺品整理にいくらかかるのか、さらには費用が算出されるポイントを紹介してきました。しかし、「遺品整理には意外とお金がかかるな……」と驚かれた人もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、遺品整理にかかる費用をなるべく抑えるコツを紹介していきます。

遺品整理を業者に丸投げしない

遺品整理にかかる費用をなるべく抑えるためには、遺品整理を業者に丸投げしないようにしましょう。

「プロに任せるのだから、1から全部やってもらおう」と丸投げしてしまうと、非常に楽ではあるものの、どうしても費用は高くついてしまいます。自分でできる範囲のことはある程度行っておくと、費用を抑えられるでしょう。

たとえば、粗大ゴミとなりそうな大きな家具は前もって処分しておく、貴金属やブランド品、骨董品などは事前に分けておくなどといった作業を行っておけば、作業員の負担が減り費用を抑えることができます。

しかし、遺品整理を行うのは簡単ではありません。体力的な問題だけではなく、精神的な面でも遺品整理は行えないという場合もあるでしょう。そのような場合には、決して無理をせず業者に相談するべきです。

買取サービスを上手に活用する

遺品整理にかかる費用をなるべく抑えるためには、買取サービスも上手に活用しましょう。

できる範囲のことを前もってやっておくといいと先に述べましたが、「これは買取してもらえるかも」という品物がある場合には、リサイクルショップやフリマアプリ、オークションサイトなどを用いて、事前に売却してしまうのも1つの手段です。

とくに、時計などの貴金属、高価なアンティーク家具、ブランド品、着物などがある場合、予想以上の高値がつく可能性も。遺品整理にかかる費用をできる限り抑えたいなら、買取サービスは有効活用するべきでしょう。

事前に買取してもらわずとも、買取サービスを用意している遺品整理業者も少なくないため、まとめて依頼してしまうこともできます。

遺品整理の費用を抑えたいなら買取業者へ相談しよう

遺品整理にかかる費用を抑えるなら、買取サービスを有効活用するべきなのは確かです。しかし、実のところ遺品整理業者に買取を依頼するのはおすすめではありません。なぜならば、遺品整理業者は買取のプロではないからです。

鑑定士と連携できていない遺品整理業者の場合、部屋の整理、廃棄物の処分などに関してはプロですが、価値のあるものを適切に判断できない可能性も。実は高値で買い取ってもらえるものでも、見逃されてそのまま処分されてしまった、というミスが起こるかもしれません。

しかし、適切に価値を判断できる買取業者に相談すれば、高値のつくものをきちんと見定め、予想外に遺品整理費用を抑えられるなんてことも少なくないでしょう。また、ブランド品や貴金属などでなくても、意外なものに高値がつくことがあります。素人目にはその判断は難しいため、適切な価格で買い取ってもらうためにも、まずは買取業者に相談してみるのがベストでしょう。

遺品整理の買取事例

出張買取のトータルでは、これまでにさまざまなものを買取してきました。ここでは、実際に買取したお品物について紹介していきます。

古いラジカセ

一見何の変哲もないSHARP製の古いラジカセ。このようなアイテムは、昔に購入したまま使わずにしまってある、なんてことが多いのではないでしょうか。

「古いラジカセは買取を依頼してもあまりいい値がつかないのでは?」と思うかもしれませんが、こちらの買取価格はなんと1万2,000円。古いラジカセだからといって廃棄処分してしまうのは非常にもったいないことが分かるでしょう。

車のおもちゃ(ミニカー)

なんでも査定のトータル

まずはお気軽にお問い合わせください

おーい、サイクル
0120-005-319

営業時間/9:00〜19:00 年中無休

LINEで問合せ